膣を縮小する治療が与える変化が人生を充実させる

care your health

理由を知れば解決

膣を縮小する技術は、様々な理由でゆるくなってしまう膣という器官に対して、外科的に手術を行うことで元通りの状態に修正できる方法です。ここで問題となるのは、そもそもなぜ膣が縮小される必要が生まれるのか、という点です。広がることがなければ、緩むことがなければ、膣を縮小する必要もありません。そして、膣が緩くなったかどうかは、自分で気づく機会があるとも限りません。ですから、膣を縮小する必要性を見出すためにも、悩みを改善するためにも、これからやってくる悩みが起こる可能性をあらかじめめ知るためにも、膣が緩くなる理由を知ることは大切です。縮小する必要性は、緩くなる理由を知れば解決できる部分が大きいです。

基本的には、膣が緩む理由は筋肉の弛緩にあると考えられています。そして、筋肉が弛緩する理由として考えられる大きな理由は、出産が代表的な例として挙げられます。妊娠した女性は、出産の時のために股関節が柔軟になるように体が変化したり、実際の出産時には産道として膣を拡大したり、様々な身体の変化を求められます。そして、膣が緩むという現象は、出産の名残として受け止められる部分が大きいです。
その結果、産後にはよく、パートナーとの性交渉がうまくいかなくなったり、尿漏れを感じることがあったりします。それは、膣周辺の筋肉が出産にともなって弛緩するからです。よって、膣の縮小手術では、この弛緩した筋肉を修正できる技術だということと合わせて考えると、問題を改善できる方法だということがわかります。