膣縮小治療で悩み解消 | 膣を縮小する治療が与える変化が人生を充実させる

膣を縮小する治療が与える変化が人生を充実させる

care your health

膣縮小治療で悩み解消

膣圧トレーニングなどによって膣の緩みは改善させることができます。しかし一部の人には効果が薄い場合や人によっては効果が得られない場合もあります。そのような場合だとクリニックでの治療が最も効果的だとされています。膣圧トレーニングはトレーニングを行なうことによって筋力を鍛えていくものでしたが、クリニックによる治療は物理的に膣の壁を厚くする事や膣を狭くする事などを行なうことが主流となっています。治療法もさまざまな種類があり、それによってそれぞれ異なるメリットを持っています。

膣縮小手術はメスを使って膣の粘膜や筋肉を切除、または縫合する治療法です。これにより膣を締める筋力を高めて膣の緩みを解消する事ができ、膣の緩みによって温泉やプールなどで水が入ってしまうといった悩みにとても効果的な治療法です。ですが今後出産を行なう予定がある人にはあまり向いていない治療法になります。ビビーブは高周波を使うことによってコラーゲンの生成を促す治療法で、引き締め効果は一年程度になる治療法です。処女膜周辺から膣の奥まで高周波を照射するので膣全体を引き締める効果があります。有効期間は短いですが何度でもできる施術方法になるので、術後に膣の緩みが気になった場合でも再度治療を行なうことができます。レーザーはレーザーのエネルギーを使い膣襞の収縮と新しいコラーゲンの再構築を促す方法です。麻酔などを使用することもなく施術にかかる時間も15分程で、最も簡単に治療を行なうことができます。主に更年期による膣の緩みや尿失禁などに最も効果を発揮する施術とされています。このように膣縮小治療には色々なしゅるいがあるので、膣のゆるみの状態や今後のライフイベントなどを考慮して最も自分にベストな施術方法を選ぶようにしましょう。